カテゴリ: アニメと漫画

    1: 風吹けば名無し 2019/10/19(土) 00:49:44.95 ID:hdShvh9e0
    ワイだけか?

    WS000013

    【バーバパパの妻バーバママを見たらオセロ中島を思い出す 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/11/19(火) 12:26:53.88 ID:VUFItp2Q0
    no title

    【【画像あり】爆 女子高生さん、ガンツのコスプレでムチムチ姿を晒す】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/11/08(金) 09:47:22.81 ID:CAP_USER
    2019年11月5日 22:06

    「ななこSOS 完全版」1巻のイメージ。
    no title




    吾妻ひでお「ななこSOS 完全版」全3巻が、復刊ドットコムから12月下旬より順次発売される。

    10月中旬に死去した吾妻の代表作「ななこSOS」。ドジで泣き虫の超能力少女・ななこ、守銭奴でマッドサイエンティストの四谷永一郎、マンガ家志望の飯田橋博士による同級生3人で構成された「すーぱーがーるカンパニー」のドタバタな日常を描いたSFコメディだ。
    ポップコーンにて1980年から81年まで連載され、同誌の休刊後、後継誌の月刊ジャストコミック(ともに光文社)で1981年から1985年まで掲載。連載終了後も個人誌・産直あづまマガジンなどで続編が描かれた。また1983年にはフジテレビ系列でTVアニメ化も果たしている。

    雑誌連載時は冒頭がカラーで描かれることが多かったが、既存の単行本では一部を除いてモノクロで印刷されていた本作。完全版では計200ページものカラーページが、2色または4色で再現される。さらに「ななこSOS」のイラスト集やカレンダー、
    レコードジャケットなどさまざまな形で発表されたイラストも可能な限り収録。産直あづまマガジンに描かれた57ページの新作なども収められる。版型はこれまでのB6サイズより大きなA5サイズで制作された。

    なお復刊ドットコムで購入すると、各巻に1点ずつ複製原画の特典が付属。全3巻の一括購入をした人には、さらに新たな複製原画が進呈される。特典は先着順なので、確実に欲しい人はお早めに。

    この記事の画像(全11件)大きなサイズで表示
    https://natalie.mu/comic/news/354223

    【【漫画】 吾妻ひでお「ななこSOS」が全3巻の完全版に、雑誌連載時のカラーページを再現 】の続きを読む

    1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/11/18(月) 09:33:47.22 ID:CAP_USER
    2019年11月18日 08:37
    高橋留美子さんの漫画「MAO」第2巻が発売された。

    陰陽師の少年・摩緒と女子中学生・黄葉菜花が活躍する大正怪奇ロマン。菜花は小学1年生のときに一家全員で事故に巻き込まれ、自分だけ生き残る。中学3年生になった菜花が事故現場を通るとなぜか妖怪だらけの大正時代へ。

    陰陽師の少年・摩緒と出会い、「妖だろう」と言われると菜花の身体能力が覚醒。菜花は摩緒と話すうちに過去の事故が化け物のせいだと思い出す。菜花は自らの謎を解くために摩緒と行動をともにしていく。

    小学館による内容紹介は以下の通り。各巻の試し読みができる。「漫画家本vol.14 高橋留美子本」が11月29日に発売される。




    摩緒と菜花、全ての鍵を握る猫鬼を捜せ!

    中学三年の黄葉菜花(きばなのか)は
    かつて自身が事故に遭った地を通り、大正時代へと辿り着く。

    そこで出会った陰陽師・摩緒(まお)による
    菜花=「妖」説の謎を解くため彼と行動する事に。

    菜花は摩緒と同じ蠱毒・"猫鬼(びょうき)"に呪われた可能性がある。

    自分に隠された謎を解き明かすため一行は
    猫鬼の能力と同じ「寿命を操る」教祖のいる教団へと潜入するが…

    摩緒と菜花、2人の謎が徐々に明らかとなる大正怪奇ロマン第2巻!


    ・YouTube「高橋留美子最新作『MAO(マオ)』PV 犬夜叉とかごめが第1話を解説!!」
    https://youtu.be/mxtaBrjCzIQ



    http://www.new-akiba.com/news/182554

    【【漫画】陰陽師少年と女子中学生の大正怪奇ロマン・高橋留美子「MAO」第2巻】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/18(月) 17:38:05.76 ID:qh1lIxt89
    国民的アニメとも言える「サザエさん」の作者である長谷川町子さんの生誕100年を記念して、「長谷川町子記念館」がオープンすることになりました。

    1985年(昭和60年)に開館した長谷川町子美術館は長谷川町子さんが姉の毬子さんと蒐集した美術品を展示することを目的にオープンした美術館なのですが、
    長谷川町子の漫画資料が展示されていると思い来館する人が多く、館内に急遽「町子コーナー」を設けて、長谷川町子作品や資料を展示していたそうなんです。

    今回の「長谷川町子記念館」の新設は、長谷川町子さんの作品や資料の展示を充実させる目的があります。

    「長谷川町子記念館」では、町子さんの代表作である「サザエさん」、「エプロンおばさん」、「いじわるばあさん」の三大作品の世界観を感じられると同時に、長谷川町子さんが描いた様々な作品やその人となり、
    仕事の全貌が見れるような常設展示がおこなわれます。

    長谷川町子記念館の1階にはショップやカフェも設置されるそうです。

    また、企画展示室も用意され、4月14日(火)~6月28日(日)の期間では、代表作「サザエさん」を中心に漫画の創作過程を追いながら、作品に込められたこだわりとその心情、苦悩なども織り交ぜて、
    長谷川町子さんの漫画創作の秘密を紹介する企画展「長谷川町子の漫画創作秘話」が開催されることになっています。

    「長谷川町子記念館」は4月14日(火)に東京都世田谷区桜新町にオープンします。

    https://imgc.eximg.jp/i=https%253A%252F%252Fs.eximg.jp%252Fexnews%252Ffeed%252FJapaaan%252FJapaaan_108643_3.jpg,quality=70,type=jpg
    no title

    no title

    no title

    no title


    https://mag.japaaan.com/archives/108643
    アート / スポットJapaaan編集部@2019/11/18

    https://www.youtube.com/watch?v=MThPhl3OVkU


    あかるいサザエさん

    【国民的アニメ「サザエさん」の作者・長谷川町子の生誕100年を記念して「長谷川町子記念館」がオープン! 】の続きを読む

    このページのトップヘ