特撮&アニメ まとめ

       

    2020年03月

    1: 鉄チーズ烏 ★ 2020/03/25(水) 07:40:47.74 ID:jK3C5sH69
    2020年3月25日 4時30分
    https://www.cinematoday.jp/news/N0114912
    no title


     日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で27日21時から『魔女の宅急便』、4月3日21時から『思い出のマーニー』が放送されることにあわせて、2週にわたってデータ放送特別企画「クイズdeジブリ」が実施されることが発表された。

     2作品の放送中、データ放送でそれぞれの作品にまつわるクイズが何問か出題されるという。難易度としては「放送を見続けて画面に集中していれば絶対に答えられる映像についての問題ばかり」とされている。27日の『魔女の宅急便』放送の際に出題される第1問は「キキのお父さんが乗っている車の色は?」に決まっている。

     クイズに正解してもらえるポイントをためて、プレゼントに応募することができる。応募者の中から10名に、三鷹の森ジブリ美術館初の公式写真集「ジブリ美術館ものがたり」が当たる。

     スタジオジブリ・鈴木敏夫プロデューサーは「いかなる時代にあっても、春は旅立ちの季節。新たな一歩を踏み出す物語、『魔女の宅急便』と『思い出のマーニー』の2作をお届けします」とコメントしている。(編集部・海江田宗)

    【【日テレ】『魔女の宅急便』キキのお父さんの車の色は?金ローでジブリクイズ実施】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/03/26(木) 07:31:15.17 ID:vbs6rPQy0
    no title

    【新作ウルトラマン『ウルトラマンZ』の公式画像きたああああああ】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/03/25(水) 23:22:27.37 ID:hCmlvbFJp
    no title

    ぶっさ

    【シェリルさんの一体240万円の等身大フィギュアwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 臼羅昆布 ★ 2020/03/23(月) 15:26:15.71 ID:6I15LFX/9
    2020年03月23日 12時51分
    https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/1786887/

    アマビエがコロナを退散!
    お笑いコンビ「メイプル超合金」のカズレーザー(35)が23日、妖怪コスプレを披露した。
    カズレーザーはイメージカラーの赤色をベースに、くちばしを付けて鳥を思わせる仮装写真を投稿。
    「大掃除してたはずなのに、気付いたらアマビエ化」とメッセージを添え「アマビエチャレンジ」のハッシュタグを加えた。
    アマビエは江戸末期に熊本の海に現れたといわれる妖怪で、疫病退散の力があると信じられてきた。
    新型コロナウイルスの流行以降、SNSなどで拡散されて人気が爆発している。

    2bbff03a5e3558c22af11fe8b5351b44

    画像

    【【新型コロナ】カズレーザー 妖怪“アマビエ”コスプレで世界を救う】の続きを読む

    1: muffin ★ 2020/03/24(火) 12:06:26.95 ID:OZgaPxav9
    https://www.oricon.co.jp/news/2158169/full/

    テレビ朝日系反面教師バラエティー『しくじり先生 俺みたいになるな!!』の特別編が27日(後11:15~深0:15)に放送される。今回は、お笑いタレント・カズレーザー(メイプル超合金)が“先生”として登壇し、国民的人気アニメ『機動戦士ガンダム』の“しくじり”を解説する。

    『機動戦士ガンダム』は、1979年に放送開始され、昨年40周年を迎えた国民的アニメ。シリーズ作品も多く制作され、プラモデルも大人気だが、実は作品が評価されたのはアニメ放送終了後のこと。放送当初は人気がふるわず、全52話を予定していたにもかかわらず、9話も短縮され、43話で打ち切りとなっていた。しかし、1年後の再放送で人気に火がつき、劇場版の制作へとつながっていった。なぜ最初の放送時に人気が出なかったのか!? カズレーザー“先生”がその理由を、「子どもたちが期待していたような爽快感あふれるロボットアニメではなく、ストーリーが“激ムズ”だったから」と指摘する。

    授業では、カズレーザー“先生”が、『機動戦士ガンダム』に秘められた“4つのしくじり”を分析。それまでのアニメのヒーロー像とはまったく違う主人公アムロ・レイのしくじり言動、子どもたちを困惑させた敵役、シャア・アズナブルの意味不明なせりふなどを紹介。一方で、そんな『機動戦士ガンダム』のしくじりこそが、作品の評価を高めたポイントでもあると主張する。カズレーザー“先生”が『機動戦士ガンダム』から導きだした、大事な教訓とは!?

    001_size6

    002_size6

    【【しくじり先生】カズレーザー、『ガンダム』を国民的アニメにした4つの“しくじり”を解説 27日放送】の続きを読む

    このページのトップヘ